ルリタマアザミのドライフラワー、紫色のギザギザした可愛い玉!

(スポンサーリンク)

目次

今年は瑠璃玉アザミ(るりたまあざみ)がたくさんできました

瑠璃玉アザミがたくさんできました。

瑠璃玉アザミとは、こんなギザギザした紫色のまあるい花です

葉っぱは、普通のアザミとよく似ています

秋に種をまいてから、その翌々年の春にやっと芽が出てきました。待望の瑠璃玉ちゃんでした。

去年、初めて収穫したのですが、それほどたくさんはできませんでした。

今年は、豊作でした。

枝分かれして、たくさん実ってくれました。

紫色の玉のようなつんつんしたものがいくつもできます。そこから、紫の花が咲きます。葉っぱは、アザミのようにとげとげしていて、痛いです。

綺麗なドライフラワーにするには、収穫する時期がカギ

綺麗なドライフラワーにするには、収穫する時期がポイントです。

ドライフラワーにするには、花が咲く前に、色がついてきたなあと思う頃に収穫します

紫の花が咲いてしまうと、咲いた跡が茶色になって汚い感じになってしまいますので、その前に収穫することが綺麗なドライフラワーにするコツです。

今年も、もう少しもう少しと思っている間に、花が咲いてしまったものがたくさんありました。

ほんと、ドライフラワーって収穫する時期がむつかしい

秋に種をまいて、翌々年の春にやっと咲くので、少し長丁場です。

咲き出せば、このように、たくさん咲いてくれますが、3年に一度くらいは、株分けをしないと勢いが衰えるようです。

花は、生き物ですので、何でも手がかかりますよね。

収穫の時期だけ気を付ければ、後は逆さまにしてつるして、自然乾燥するだけですので、簡単です

葉っぱがとげとげして痛いので、取り除いてしまいます。 もちろん、実のところも触れば痛いです。

スワッグに瑠璃玉アザミをあつらえて

スワッグに瑠璃玉アザミを添えて、作成しました。

ユーカリ、アナベル、瑠璃玉アザミのドライフラワーを使って、涼しそうなスワッグを作り、コーヒー染めしたタグを添えました。

超簡単にできます。

夏らしいスワッグが出来上がりました。

ただいま、我が家の玄関に鎮座しております。 

瑠璃玉あざみの種取り

ルリタマアザミの種取りは、紫色の花が咲き、それが枯れて茶色になるまで、しばらく待ってから種取りをします。

つんつんしている、その一つ一つが種になります。

花びら?の一つ一つをとると、1センチの細長いつんつんしたものに分かれます。

そして、その外側のつんつんした殻?をとると、中には小さな種が入っています。

この種を撒いて、また増やしていけばいいのです。

(2024/5/13)現在のルリタマアザミの様子

あんなにたくさん収穫できていたルリタマアザミですが、年越しする際に株を痛めてしまったようで、一時は完全にだめかなと諦めていました。

ところが、春をむかえ、新芽が数本で始めました。

大切に育ててきたルリタマアザミなだけに、心から安心しました。

ルリタマアザミを増やすことはむずかしいと感じています。

「株分けして増やす」のが一般的なようですが、わたしは株分けの時期が良くなかったのか、翌年はほとんど芽が出ず、たくさん収穫できませんでした。

翌年は株分けをやめましたが、一層弱ってしまいました。というわけで今年はもうあきらめていたのです。

それが、画像のような新芽が3本程度出てきたのです。

「弱いようでたくましい!」「意外としぶとい!」が実感です。

この株を大切に育てていきたいと思っています。

(2024.6.24)今年は4本の苗が育っています!

梅雨時を迎えました。

順調に4本の苗が大きく育ち始めています。

枯れたような状態で、今年は芽が出てくるのかと心配になることが多いのですが、4本の苗が生き残ってくれています。

なかなかしぶとい花です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ドライフラワーやハンドメイドが趣味です!制作過程やクラフト店の様子を発信しています。多肉植物、ドライフラワーが好きな方は、ぜひご覧ください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次